料金の仕組み|安い価格で引越しをするなら比較することが大事
箱とメンズ

安い価格で引越しをするなら比較することが大事

料金の仕組み

ダンボールとはさみとテープ

近距離と遠距離の違い

引越しには、大きく分けると「近距離引越し」と「遠距離引越し」があります。近距離引越しとは、同一区内や同一市内など、近場への引越しのことです。距離としては1キロから20キロが目安です。同じ市内であれば、1キロでも20キロでも費用は同じです。費用相場は1人暮らしのシングルで2万円、3人暮らしのファミリーで5万円ぐらいです。違う市や県に引越すのが、遠距離引越しです。遠く離れた市や県に引越すと、トラックのガソリン代や高速代がかかります。当然その分、引越し費用も高くなります。例えば東京都から大阪府まで、約500キロを引越したとします。その場合の費用は、シングルだと10万、ファミリーだと30万が相場です。

距離と積載量

引越し費用を大きく左右するのが、荷物の運搬距離です。つまり、新しい家がある場所までの移動距離になります。この運搬距離によって、基本料金が決まります。基本料金は、上限と下限が国土交通省によって定められています。各業者は、この上限と下限の間から、基本料金を決めているのです。ごく近い同一区内の近距離の場合は、自力でも引越せます。そのほうが安上がりです。しかし、遠距離の場合は業者に依頼したほうが安い上に楽です。基本料金にプラスされるのが、荷物の積載量です。積載する荷物が少ないシングルの場合は人員が1人でもよく、安い費用で済みます。しかし、家族単位の場合は積載する荷物が多くなり、人員費が引越し費用にも影響します。